お申込窓口

無料お見積りは▼コチラ

mitumori2

 

初めてのお申込は▼コチラ

uchiawase2

 

2回目からは▼コチラ

ripito2

sava↑みんニャのお留守番記事は

こちらニャでぇ~

 186banner nekonomori

猫の森HP

第一種動物取扱業者

【名称】

キャットシッターしまねこ

【所在地】

大阪市東成区大今里南

【種別】保管

【登録番号】

大阪市 第100085B

【登録年月日】

平成23年2月15日

【有効期間の末日】

平成33年2月14日

【動物取扱責任者】

佐藤裕順(さとうゆすん)

【通院へ変更】


9月27日

朝、面会に行くと。サバが小刻みにブルブル震えていました。

私が触ってる間は止まってるのですが、先生が症状を説明するたびブルブル。

スタッフさんが通るたびブルブル。先生の話では、ケージを覗いただけで、

ビクビク震えだし片目がヒクヒクなってる。先生やスタッフが処置するだけで、

かなりのストレスがかかってるようやとの事。

深夜、点滴の状態をチェックしに来た時は、電気を点けただけでかなり怯えた

ので、すぐに消して懐中電灯でチェックしたとのお話でした。

 

通院に変更するのは、サバの容態が安定してからとの事でしたが(先生に決断

をお任せしてた)先生の話によると、ストレスが極限状態を超えてると感じた

そうです。このままでは、ストレスに負けてしまうと。なので、静脈点滴を続行

したいが、一旦お家に帰って様子見てみましょうとの事でした。

病院が終わる時間までなるべく長い時間、静脈点滴をしてから、夜の間は家で

過ごし、また翌日から病院が終わるまで点滴をする事に決まり、夕方迎えに来て

くださいと言われ帰宅。

 

夕方お迎えに行き、お家に戻って、キャリーバッグを開けた瞬間。

もう大丈夫やと確信しました。

飛行機耳も、びっくり顔も、目が泳ぐ事もなく、普段のサバの顔!
まだヨロヨロしてますが、いつも通りニャオニャオ言いまくり、家中をパトロール。
最初にチェックしに行ったのは、ニャーニャーズのケージでした。

 

2回目血液検査の結果。

★TP総タンパク質6.8(6.0~8.0)
BUN尿素窒素130以上(16~36)130以上は病院の装置では計測不能。
Creクレアチン13.6以上(0.8~2.4)13.6以上病院の装置では計測不能。
★Naナトリウム146(150~165)
Kカリウム6.1(3.5~5.8)
★Pリン7.4(3.1~7.5)
★3項目が正常値に

 

sign30